貧乏、ギャンブルやめるってよ

パチンコ・スロット・競馬・競輪・カジノ。。。なかなかギャンブルをやめられない方のためのギャンブルニュース

nogizaka

30日深夜放送のテレビ東京系「乃木坂工事中」で乃木坂46の橋本奈々未がグループ卒業への思いを語る場面があった。
 
番組は前半、MCのバナナマンの2人と橋本の対談を行った。来年の2月をもってグループ卒業と同時に芸能活動も引退すると発表した橋本は「自分が表に立ってっていうところよりは、どちらかというと裏と言いますか、誰かをサポートするっていうお仕事の方が自分の性には合ってるんじゃないかなと思って」と語る。日村勇紀から「未練的なものはないの?」と質問されると、橋本は「自分への後悔っていう方が多いです。芸能界への後悔というよりは」と答えた。

元々アイドル活動を始めたきっかけが「本当に(目的が)お金だったんですよ」と語る橋本は、「めっちゃ貧乏だったんですよ。水道止まる、ガス止まるみたいな」と実家の経済事情を話した。貧乏な家庭ではあるも長女ということもあり、「一人目だから色々してくれた」と親への感謝を語った橋本だが、「私にしてくれたから、弟にまで(お金が)回る余裕があるのかって思ったときに、私のせいでなんか……。弟、男の子だし……」と目に涙をためて言葉を詰まらせた。「何とかしなきゃ」と思って、いろいろと模索している段階で乃木坂への加入が決まったという。
 
橋本は続けて、弟が学費免除で大学入学が決まったことと、昨年母からもらった手紙が芸能界引退発表のきっかけだったと話す。橋本は手紙の内容は「『本当、今までごめんね』みたいな。『無理しないで、好きなことをしてください。弟もだいぶ自立するようになってきたし、私も私で生活できるから』みたいな」といった内容だったと明かした。
 
芸能界を引退することについて、橋本は応援してくれているファンに申し訳ないと思っていると謝罪した。続けて橋本は「今までこの5年間、ここまで来るのもその(ファンの)人たちがいなきゃ来れなかったことだし、今この場所に私がいるっていうのもその人たちのおかげなので」とファンへの感謝の言葉を述べ、「私にとってはずっと(ファンは)居続けるというか、その人たちの力がないとこの先にも進めなかったから、私は感謝をずっとして生き続けるだろうなと思います」とコメントした。

the_binary

THE BINARY(ザ・バイナリー)の売りはこんな感じらしい。

 

「スムーズなリアルタイムトレードが可能」

パソコンでスムーズな取引
SHORT・RANGE・HIGH&LOWと3種類の取引に対応しております

快適なオンラインプラットフォーム
スマートフォン・タブレットで場所を選ばず効率的な取引が可能


自宅・外出先でもメリットのある魅力的な取引

いつでもどこでも簡単に取引が出来る環境をご提供シンプルな取引画面が特徴です

最速出金を目指してご対応

クレジットカード入金は24時間で登録不要の銀行振込もご利用可能で安心丁寧な日本語サポートにも対応

バイナリーオプションに関する新しい情報です。
バイナリーオプションに関して、情報を配信するのは久しぶりですね。
今回、紹介する内容は、ソニックオプションという業者に関してです。

ソニックオプションについての情報

ソニックオプションは、元々は、海外をメインに活動を行っていた
バイナリーオプション業者らしいですが、最近、アジア向けにマーケットを展開して
日本でも、ソニックオプションという海外業者が注目されています。

そこで、ソニックオプションという海外業者について
調べていると、大変便利なサイトを見つける事ができました。
それは、バイナリーオプションに関するQ&Aサイトです。
バイナリーオプションに関する、様々な質問や疑問に、答えてくれているサイトで
ソニックオプションに関するQ&Aもいくつか紹介されていました。
その中でも、ソニックオプションに関して、一番参考になったQ&Aが
ソニックオプションは初心者でも簡単に利用する事ができるのか
という質問内容でした。
これは、ソニックオプションに関して、情報を知りたい方には参考になるのではないでしょうか
そして、ソニックオプションに関してはその他にも、
・ソニックオプションの口コミ関する情報
・ソニックオプションの攻略方が存在するのかの質問
・ソニックオプションの使い方についての質問
・ソニックオプションの口座開設に関する質問

などなど、ソニックオプションに纏わる質問や疑問が既に取り上げられており
ソニックオプションという業者を初めて知った私でも、
ソニックオプションという海外業者がどのようなバイナリーオプション業者なのかを
大体把握する事ができましたので、ソニックオプションに少しでも興味のある方は
是非、上記で紹介したQ&Aページを参考にしてみてはいかがでしょうか

21316

大阪再生への経済効果に期待が集まるカジノ構想には、クリアすべきハードルも少なくない。IR推進派が描くバラ色のシナリオの半面、地元にはカジノの存在が助長しかねないギャンブル依存症への懸念が根強くある。地元議会での不協和音が誘致実現への足かせとなる可能性も消えていない。

 
<実態みえず>

「大阪にカジノはいりまへん」。4月6日、大阪市内で市民団が開いたカジノ誘致の反対集会で、参加者はこう書いたチラシを手に、学識経験者らの講演に耳を傾けた。

集会の運営には、多重債務問題を生み出すギャンブル依存症などの問題に取り組む「依存症問題対策全国会議」も参画した。事務局長を務める吉田哲也弁護士(兵庫県弁護士会)は「発症させないということが病気の対策であるべきなのに、(ギャンブル)依存症を発生させておいてから、(事業者が)入店を禁止するとか、そこでの利益を治療に使うという発想自体が道徳的に間違っている」と話す。

90年代以降、パチンコに熱中した大人が子どもを駐車場の車内に放置し、熱中症で死なせてしまうといった事件が全国各地で表面化し、次第にギャンブル依存症が社会問題化することとなった。カジノ反対派の懸念の矛先は、治安悪化に加え、この依存症の問題にも向かっている。だが、パチンコ産業や公営ギャンブルが各地に広がる日本国内において、ギャンブル依存症の実態について、統計データが不十分な状況にあるのも事実だ。

大阪府の松井一郎知事は「やるべきことはこれまでもやってきている。これからも行政が対応していくのは当たり前のこと。IRができるから、できないからという話ではない」と行政側の立場を釈明する。すでに相談窓口を設けるなど必要な対策を講じているとの考えだ。

また、誘致に積極的な姿勢を示す関西経済同友会は「カジノ依存症という問題があるならば、その問題をミニマムにする努力をするべき」(斉藤行巨・常任幹事事務局長)と、海外の事例を参考に対策を講じることが有益だとの認識を示している。

大阪府市が20─60代の府民合計2000人に対しインターネットを通じ3月に実施したアンケート調査によると、日本でのIR整備について「賛成」と答えた割合は18%、「条件付きで賛成」は38%、「反対」が21%、「わからない」との回答が23%となっている。肯定派が過半数を占めているとはいえ、条件付きで容認とする声が最多となった。カジノの持つリスクとその対策を見極めたいとする住民の総意が透けて見えると言えそうだ。

IR推進派からも「データがなければ病気がないと思ったら大間違い。見て見ぬふりをするのが一番いけない」(ギャンブル社会学を専門とする大阪商業大学の谷岡一郎学長)と、研究データの蓄積を求める声があがっている。

<泉北鉄道の影>

地元議会のも不透明要因が横たわる。IR推進法案が成立した場合、大阪府市は誘致活動を加速させるため、補正予算を組む方向だ。ただ、足元では昨年末に起こった府議会の混乱の余韻が漂っている。

 こうした流れを受け、昨年12月の府議会の採決の場では、大阪維新の会(当時、今年5月1日にみんなの党府民会議と統一会派結成)の一部議員が造反。結果、府議会での維新の会の議員数は過半数を割ることとなり、自民・公明など他党が対維新の姿勢をさらに強めることとなった。さらに今年4月に入り自民党大阪府連と公明党大阪府本部は、来春の統一地方選挙に向け協力に乗り出す方針を決めている。

<公明の動向>

これまで自民党大阪府連はカジノ誘致を巡り態度を明確にしていなかったが、関係者によると、条件付きでの賛成との立場を近く内部で決める構えという。

今国会でIR推進法案を提出したのは自民・維新・生活の党の3党。カジノ解禁において国政レベルでは自民と維新は足並みをそろえている。IR議連は超党派の議員で構成されていることもあり「数の論理でいけばこのまま成立する」(松井府知事)とみる向きがある一方で、公明党の支持母体の創価学会に慎重論があるとされている。

同党は大阪府議会におけて維新に次ぐ議席数を占める第2会派だ。「中小企業の経営者以外に、女性や文教関係者の支持が多い」(府議関係者)。自民党府連と公明党府本部の関係は選挙協定にとどまっており、政策面まで踏み込んだものではないものの、統一地方選の結果次第では、IR誘致を巡る流れが変わる可能性もはらむ。

大阪維新の会側もIRに関して決して楽観視をしているわけではない。府市によるIR誘致に向けた準備活動は「松井─橋下体制だからこそ可能となった話」(幹部)。首長が変われば元の木阿弥となる恐れある。もっとも、先の市長選で大阪都構想の議論を巡る姿勢について「人の道に反する」(橋下市長)と批判した公明党と維新の間には、すき間風が吹いた状態にある。

カジノを解禁への動きに地元議会は一枚岩となれるのか。関係者の声には楽観論と悲観論が混じりあう。「2020年にはぜひ一部オープンをしたい」。府知事が訴えるオリンピック開催時期のIR開業を果たすには、地元住民の十分な理解と政財界の協調がカギを握る。

1457
消費税増税が始まり、財布のお金がいつもより早く減ることに脅威を感じている人は皆さんも同じでしょう。
消費税が今後も段階的に上がることは確実。
そうなると不安なのは、将来のお金です。

お金を貯められる人と貯められない人には明らかな違いがあるとして、その違いを明かしています。

特に目を引くのは「経済的に破たんしやすい人」についての箇所。
その特徴は「ギャンブル」でも「浪費」でもなく、こんなことなのだそうです。

借金2000万円の人より借金500万円の人が破たんする理由

普通に考えたら借金2000万円の人と借金500万円の人だったら、借金2000万円の人の経済状態の方が厳しそうに思えますが、どちらが破たんしやすいかというのは、借金の額だけで計ることはできません。

2000万円の借金があったとしても、その内訳が住宅ローン一本なら、毎月の支払額は35年ローンで5万5000円ほどですから、さほどでもありません。

これに対して、借金の額こそ500万円でも、複数の場所から借りている場合、それぞれの返済が重なるため、毎月の支払額は簡単に10万円、15万円となってしまいます。

大事なことは、借金の返済で足りなくなったお金を、別の借金で埋めるようなマネをしないこと。
これこそが経済的破たんの入口なのです。

ねばり強い人とすぐ諦める人、破たんしやすいのは

ねばり強い人とすぐ諦める人、どちらが資産を作れるか、と聞かれたら、ほとんどの人はねばり強い」と答えるはずです。

ただ、ねばり強い人には、損切りが苦手という特徴があります。

たとえば、投資に手を出した場合、まじめでねばり強い人ほど、損をしたタイミングで見切りをつけることができず、結果傷口を広げてしまったり、最悪の場合は経済的に破たんしてしまったりということが多いといいます。

うまくいくまで頑張るというのは美徳だとされていますが、こと資産形成ということで
いえば、すぐ諦める人の方が有利なこともあるのです。

誰にとっても、死ぬまでお金に困らないに越したことはないはずですが、先々のことがどうなるかなどわかりません。

このページのトップヘ